即日融資を受けるため押さえておきたいポイント

カードローンを即日融資で利用するポイントとして、まず何よりも重視しなければいけないことは「時間」です。

例えば、消費者金融系のカードローンの内、大手であればほぼ間違いなく即日融資に対応しています。申し込みから早ければ1時間程度で融資を受けることも可能ですが、それはあくまでも「即日融資対応が可能な環境が整っていること」が前提になります。

どういうことかと言うと、即日融資を利用する為には「カードローン会社が当日中に契約を完了して融資手続きを終える」と言うことが必要です。

例えば、消費者金融系のカードローンの多くは「24時間審査受付」をしていますが、これはあくまでも審査を受け付けているだけで24時間いつでもすぐに審査を受けられると言う訳ではありません。

その為、まずは審査を行っている時間帯に申し込みをすると言うことがポイントになり、尚且つ当日中に融資手続きを完了させられる時間内に契約を完了すると言うことももポイントです。

この二つのポイントをいずれも満たして初めて即日融資が実現する訳ですが、融資対応の時間は「融資方法」によっても異なります。

「来店不要」を重視する場合には銀行振込みやオンラインバンキングを利用することになりますが、この方法では基本的に「平日15時まで」しか即日融資に対応できません。

もし、その時間を過ぎてしまうような場合には自動契約機を利用すると言った対応策がありますが、状況に合わせて適切な判断をすることもポイントです。

銀行ローンで即日融資を受ける条件とは

銀行から即日融資でお金を借りるために必要な条件として、「即日融資に対応できる状況で融資手続きを行うこと」が挙げられます。

銀行ローンの中で即日融資が利用出来るところはある程度限定されてしまうものの、対応できる銀行ローンであれば条件を満たすことが出来れば高い確率でスピード融資(即日融資)で利用することが出来ます。

具体的にどのような条件があるのかというと、詳細は銀行ローンごとに違っていますが

  • 「審査をパスすること」
  • 「即日融資を希望すること」
  • 「状況に対して最適な方法を選択すること」

が必要になります。

それでは、それぞれの条件に関して少し詳しく紹介していきましょう。

まず、審査をパスすることに関してですが、これは銀行ローンだからとか消費者金融系カードローンだからという理由で大きく差が出るものではありません。

要するに「返済してもらえる可能性が高い(信用できる)」と判断してもらえるかどうかがポイントになるため、それに関する信用能力(属性)を向上させると言うことが必要です。即日融資を希望すると言う条件に関しても問題はないでしょう。

つまり、最も重要なポイントは「適切な判断」であると言うことになります。

時間帯や曜日などによって融資の方法を選択すると言うことも必要になるのはもちろんですが、それ以前に「申込み条件を満たしているかどうか」が重要です。

消費者金融系カードローンの場合はほとんどありませんが、銀行ローンの場合は利用出来る銀行口座が指定されている場合がある為、あらかじめ該当銀行口座を開設しておかないと即日融資が利用できなくなる可能性が高いです。